kurihara_columntop-1024x400

▼熱中症はどんな時に起こる?▼

これからの季節は、特に「熱中症」に注意しましょう。気温や湿度が高くなると、体の中にこもった熱を上手に発散できなくなり、体温が極端に上昇することがあります。大量に汗をかくと脱水状態になるだけでなく、ナトリウムなどの電解質のバランスが崩れ、「熱中症」になってしまいます。「熱中症」の予防のためには、WBGT(湿球黒球温度)による「暑さ指数」を参考に、運動などを実施しても大丈夫かどうか、判断するといいでしょう。
(参考サイト:http://www.wbgt.env.go.jp/wbgt.php)

▼これだけは知っておこう。熱中症対策▼

激しい運動をしている場合、20~30分おきに休憩を取り、休憩ごとにおよそ200ml程度の水分を補給するのが一般的です。また、スポーツドリンクなどで、電解質の補給もしましょう。運動中にだるさや、めまい、脱力感、頭痛などの症状が出てきた時は、すみやかに運動を中止して、必要な処置を行います。
もし、「熱中症」になってしまった場合は、直ちに体温を下げ、水分や電解質を点滴などで補給する必要があります。症状が重い場合は、病院での治療が必要になりますので、救急車を呼ぶなど、適切な処置を行いましょう。

著者プロフィール

栗原 隆

(日本ボディビル・フィットネス連盟チームドクター)

日本医師会認定産業医・健康スポーツ医
(公財)日本体育協会公認スポーツドクター
(公財)日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学)
(一社)日本体力医学会評議員
(公社)日本ボディビル・フィットネス連盟チームドクター

医療相談・お問い合わせ先

栗原隆ウェルネスクリニック
住 所 〒162-0044 東京都新宿区喜久井町4-1新宿印刷会館4階
内科・リハビリテーション科
電話番号 03-6457-6572

診療時間

月・水・木:10:00~13:00 16:00~21:00
土曜・日曜・祝日:10:00〜14:00
【休診日】火曜日・金曜日

ソーシャルメディア

t_kurihara

コメントは利用できません。

関連コラム

親コラム