kurihara_columntop-1024x400

▼免疫力の低下に要注意▼

オーバートレーニング症候群の一つに、免疫力の低下があります。過度なトレーニングだけでなく、厳しい減量などによって、人の免疫力は低下し、重篤(じゅうとく)な感染症を引きおこすことがあります。
通常は、上気道炎など呼吸器系の感染症が多いのですが、はっきりとした誘因もなく、突然激しい感染症におそわれ、長引くケースもあります。

▼トレーニングでの注意点▼

激しくトレーニングを行っている時期や、厳しい減量期間中に、高熱をはじめ、体の各部位に炎症をおこしてきた場合は、すぐにトレーニングや減量を中止して、医療機関で抗生物質の点滴を受けるなどの処置が必要です。
感染が急激に広がると場合によっては、命の危険もありますので、がまんせずに治療を受けることが大切です。
なお、ここで紹介したような事例のように緊急時に行われた投薬や処置に関しては、ドーピング防止規則違反にはあたりませんので、安心して治療に専念しましょう。

著者プロフィール

栗原 隆

(日本ボディビル・フィットネス連盟チームドクター)

日本医師会認定産業医・健康スポーツ医
(公財)日本体育協会公認スポーツドクター
(公財)日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学)
(一社)日本体力医学会評議員
(公社)日本ボディビル・フィットネス連盟チームドクター

 医療相談・お問い合わせ先

栗原隆ウェルネスクリニック
住 所 〒162-0044 東京都新宿区喜久井町4-1新宿印刷会館4階
内科・リハビリテーション科
電話番号 03-6457-6572

診療時間

月・水・木:10:00~13:00 16:00~21:00
土曜・日曜・祝日:10:00〜14:00
【休診日】火曜日・金曜日

 ソーシャルメディア

t_kurihara

コメントは利用できません。

関連コラム

親コラム