W H A T  I S ?

ジュニア選手公募育成事業とは?

日本でのボディビルやフィットネス系競技の
国際競技力向上』と『次世代の選手発掘』を目的としています。
ボディビル・フィットネスの真の発展に向けて
ぜひ、本プロジェクトへご参画ください!

 

M E S S A G E

応援者のコメント

発起人・主催者
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟a
    名誉会長a

    玉利 齊a

    ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟b
    名誉会長b

    玉利 齊b

    いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいうううううううううううううううううううううううううううううううううううう
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟c
    名誉会長c

    玉利 齊c

    うううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううえええええええええええええええええええええええええええええええええ
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟d
    名誉会長d

    玉利 齊d

    おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおかかかかかかかっかかかか
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟e
    名誉会長e

    玉利 齊e

    ききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききききくくくくくくくくくくくく
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟f
    名誉会長f

    玉利 齊f

    けけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけけここここここここここここここここここここここここ
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟g
    名誉会長g

    玉利 齊g

    さささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささささししししししししししししし
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟h
    名誉会長h

    玉利 齊h

    すすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすすせせせせせせせせせせせせせせせ
協賛者など
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟2a
    名誉会長2a

    玉利 齊2a

    2ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟2b
    名誉会長2b

    玉利 齊2b

    2いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいうううううううううううううううううううううううううううううううううううう
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟2c
    名誉会長2c

    玉利 齊2c

    2うううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううえええええええええええええええええええええええええええええええええ
  • 日本ボディビル・フィットネス連盟2d
    名誉会長2d

    玉利 齊2d

    2おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおかかかかかかかっかかかか
新着の応援者情報
  • 福島県ボディビル・フィットネス連盟
    JBBF2級公認指導員

    菅野 利夫

    名前:フィットネスウィル福島
    連絡先:024−573−4311

    前略、昔と違い今は部活動内のトレーニングの一環としてあらゆる部活の一環としてウェイトトレーニングが普及しするのが、当たり前になって来たようです。

    学生時代は部活の一環としてしていたが、卒業後ウェイトトレだけは続けて行きたいと考える人が増えてきているように感じます。

    若い人たちの選手層が今以上に広がりを見せ活気に満ちたボディビルジュニアコンテストが開催されますよう応援させて頂きます。
  • 東京ボディビル・フィットネス連盟
    事務局長

    鈴木 徳年

    若いうちにしかできないことがたくさんあります!
    たくさん練習し、悔いのない競技生活を送ってください。
    ボディビル界の将来は皆さんの腕にかかっています!
    頑張ってください!

    【プロフィール】
    鈴木徳年
    赤羽トレーニングセンター代表兼トレーナー
    健康運動指導士
    JBBF公認指導員2級
    現役フィジーク選手(第4回オールジャパン40才超172cm超級9位)
    http://akabane-tc.net/
  • 愛知県ボディビル・フィットネス連盟
    事務局長

    廣田 ゆみ

    私が訳も分らずボディビル競技に飛込んだのは25歳の時でした。
    1回だけと勇気を出してビキニで人前に出たことで、身体のコンプレックスが少しずつ解消されていく喜び、楽しさを味わうことが出来ました。
    でも、この競技にもっと早く出会っていたら、もっともっと体形の根本的な改善ができただろうと悔しい思いも残っています。
    ジュニア世代のトレーニング効果は絶大です。
    各筋肉をバランス良く鍛えることは、ボディビル競技だけでなく、あらゆる競技、そして人生を健康に生き抜くための基本の体作りに大変有効です。

    ジュニア大会に出場する機会に恵まれた選手達は、その基本を知ることができ本当に幸せだと思います。
    競い合うことも重要ですが、大会出場の目標を持ちながら、真剣に自分の体と心に向き合い、急がず一歩ずつ成長し、日常生活にも自信をつけていってほしいと願っています。

    女性の立場から、現在女子選手が居ないことは大変残念です。 今や女子も筋トレが当たり前の時代です。選手の少ない今がチャンス! 結婚や出産でブランクが出来ても、ジュニア時代に刺激を得た筋肉は復活し、さらに成長します。 一度チャレンジしてみようかなと気持ちの傾いている筋肉大好き女子のエントリーを心待ちにしています。 【プロフィール】 愛知県ボディビル・フィットネス連盟 事務局長
    JBBF女子委員会委員 
    JOC強化スタッフ(コーチング)
    女子アジアボディビル選手権大会優勝4回('93 '97 '01 '04)
    廣田ボディビルセンター勤務

    【廣田ボディビルセンター】
    愛知県豊橋市と静岡県湖西市との県境にあります。
    最寄り駅(JR新所原駅)から約5km
    バスはありません。タクシー、車でお越し下さい。
    田舎ですが、指導者は超一流、どんな質問にも気軽に答えてくれます。トレーニング環境は最高です!

    営業時間:平日AM10~PM10 祝日AM10~PM8
    定休日 :日曜日
    Webサイト:http://www.hirotabody.com
    E-mail: info@hirotabody.com

    廣田ボディビルセンター  
    廣田ボディビルセンター
  • 神奈川県ボディビル・フィットネス連盟
    副理事長

    谷澤一矢

    (メッセージ)
    【ボディビル歴】

    横浜マリントレーニングジム
    http://www.ymtg.jp/
  • 神奈川県ボディビル・フィットネス連盟
    理事

    中嶋 浩樹

    (メッセージ)
    【ボディビル歴】
    1997/1998/1999 神奈川マスターズ三連覇
    2000/2002/2004/2006:神奈川60Kg級優勝
    2001/2003/2005/2007 :神奈川65Kg級優勝
    2001:関東マスターズ優勝
    2001:東日本マスターズ優勝
    2002:神奈川マスターズ優勝
    2002:東日本65Kg級準優勝
    2003:関東60Kg級準優勝
    2004:日本クラス別マスターズ3位入賞
    2005:日本クラス別マスターズ50優勝
    2005:東日本マスターズ50準優勝
    2005:関東マスターズ50優勝
    2005:関東60Kg級優勝
    2006:日本ボディビル連盟公認(審査員1級取得)
    2007:日本女子新人ボディビル選手権、ミス21健康美大会(審査員)


    ヘルシーハウスあつぎHP
    【プロフィール】
    “効果の差は、指導力の差です。”自分の可能性を疑う必要はありません。運動を続けることは実は特別なことではありません。
    ひとつひとつを十分に理解し、一歩一歩納得しながら進むことで無理なく自分のペースが出来上がります。

    ヘルシーハウスではそんな自分のペースを貫くことの出来る環境を作っています。一人一人にとって、居心地が良いということが実は続ける上で何よりも大切になるからです。あなたの居場所を作ることから始めましょう。
    ヘルシーハウスには特別な人はいません、作りません。
    皆が平等に、居心地が良いことが大切であるという考えの下、初心者になることを恥ずかしく思うことなく、誰でも安心して初心者になることができるのです。

    ■住所:〒243-0004 厚木市水引1-1-6 サミット厚木ビル 2F
    (最寄り駅:小田急線『本厚木駅北口』より徒歩8分)
    ■TEL:046-224-6383
    ■営業時間:月 12:00~22:00/火~土 10:00~22:00(昼休み13:00~14:00)
    休館日 日(パーソナルトレーニングのみ受付可能です。※要予約)

  • 日本ボディビル・フィットネス連盟
    選手強化委員

    小沼 敏雄

    (メッセージ) 【プロフィール】
    1983年、日本ボディビル選手権大会(通称ミスター日本)に初出場し2位。
    1984年に再び2位。1985年に初優勝し、1986年に欠場(優勝者は2年連続出場出来ないと思い込んでいた)の後、1987年から1999年にかけて13連覇を果たし、14回優勝という未曾有の記録を打ち立てた。
    1988年アジアボディビルディング選手権男子90kg以下級優勝。
    1989年アジアボディビルディング選手権男子85kg以下級優勝。
    その後、肩の故障によるブランクを乗り越え、2002年世界マスターズボディビル選手権大会40歳の部80kg級において優勝し、ついにミスターユニバースに輝いた。
  • 日本社会人ボディビル・フィットネス連盟
    理事長

    五十嵐 清四郎

    ジュニアも男子も支えなければならないけど、特に女性も少ないので高校生のフィジーク、健康美にもチャレンジをして欲しい。
    社会人も女性を健康美というをカテゴリーをつくっているが、まだまだ十分ではない。
    今の健康美・フィットネスの女性の選手はどちらかといえば年齢層が高い。
    若い時からやっている子はあまりなく、子育てが終わった30-40台の年齢が多いように思う。

    これまでも女子短大などにもアプローチはしてみているが、まだまだ選手が少ないのが現実。
    これからも何か考えなければならないと考えている。
    ジュニアのボディビルもまだ女子に比べればいるが、女性が集まれば、男子も集まる。
    どうやって女性に目を向けてもらえるかが課題と思うけどやはり、高校生、短大生が水着を着てでてくるのは抵抗があるかな?
    とにかく、興味がないのか、体づくりの環境がないのか、水着に抵抗があるのかなどみんなからも色々意見も聞きたい。

    男子については、パワーリフティンは定着してきているので、パワーリフティグからボディビルも目指してみて欲しい。
    パワリフティングやっていれば、大きな筋肉がついてきて、ボディビルへの道ができる。
    でも実際に大会にでるにはルール、ポージングなど知らなければいけないし、それを教える人が少ない。
    そこには地域のクラブの力が必要。
    高校では3年間しかないなかで体を作らないといけないのでノンビリしている暇はないけど3年間鍛えた体を高校生大会、ジュニア大会にでてその成果を披露して欲しい。

    高校生が難しくても大学選手権もある。高校卒業後に社会人になってもジュニア(16歳-23歳)の大会も出て欲しい。
    ルールや指導者などわからないことがあれば、ぜひJBBFに相談して欲しい。

    【プロフィール】
    公益社団法人日本ボディビルフィットネス連盟
    正会員・アジア審査員・二級指導員・選手強化委員・フィットネス委員・ジュニア委員
    NECボディビル部 会長
    日本社会人ボディビル・フィットネス連盟 理事長
  • 福岡県ボディビル・フィットネス連盟
    理事長

    木下 俊昭

    注目しているジュニア選手:立野 智宏 (たての ともひろ)1994年5月10日(23歳)
    立野選手は日本トップクラスのジュニア選手です。
    一般選手と比べてもバルクがあり、ポージングもセンスがあります。
    とても真面目で性格も良く、日常的なハードトレーニングを行っており、今年こそは優勝を確認しております。近い将来、日本を担うボディビル選手になる事を期待しています。
    立野智宏選手!!頑張れー!!

    【選手プロフィール】
    立野智宏選手
    170cm 78kg ゴールドジム博多福岡所属
    【戦績】
    2015年 日本ジュニアボディビル選手権 3位
    2016年 福岡県ボディビル選手権 2位
    日本ジュニアボディビル選手権 4位
    2017年 福岡県ボディビル選手権 4位
    【本人メッセージ】
    今年の日本ジュニア大会では三度目の正直で、優勝したいと思っております。
    将来は鈴木雅さんのような日本を代表するようなボディビルダーになりたいです。
    まずは来年の福岡県大会で優勝したいです。
    “ARIAKEGYM”

    福岡県ボディビル・フィットネス連盟
    理事長 木下 俊昭


    ARIAKE GYM
    連絡先:〒836-0002 福岡県大牟田市岬2728-4 
    Mail:ariakegym433325@nifty.com
    http://www.ariake-gym.com/
    “ARIAKEGYM” “ARIAKEGYM” “ARIAKEGYM”
  • 栃木県ボディビルフィットネス連盟
    副会長

    酒井 孝

    今のジュニアも前と違ってレベルが高くなってきている。
    それはプロテイン、サプリメントも新しいものが開発され、ジュニアの発育・発達もいい。
    みんなにチャンスがあり、将来ミスター日本になるためには、ジュニアから頑張っていくのが近道。
    小沼選手23歳も23歳のころ初めて会った時、特に脚がよく、このジュニアは将来日本の有名な選手になると思っていたら、
    本当にチャンピオンになり、しかも14回チャンピオンに輝く伝説的な男になった。
    私は初代審査委員長を勤めてたこともあり、見る目には自信があった。
    今見てる、横川さんもいい。鈴木くんの世代の次に、若くから日本チャンピオンになれる素質があると思う。
    かなり将来性があると思う。
    他の周りにもジュニアの選手がいたらみんなで大切に応援していきたい。


    【プロフィール】
    栃木県ボディビル・フィットネス連盟 理事長
    タイガーボディビルジム
  • 日本ボディビルフィットネス連盟
    競技運営委員長

    角田 和弘


    ウエイトトレーニングを競技として続けていくのは、地味なので努力が必要です。身体を大きくする為には、食事の面も気を付けなくてはいけません。……ですが継続していると、目に見えて効果が現れてきます。ジュニア選手の皆さんだったら、スグに見た目の変化が実感出来る事でしょう。

    今、日本を代表するボディビルダー 鈴木雅 選手もスタートは皆さんと同じ身体?(当然ですが生まれつきではありません。
    皆さんジュニア選手より細身で貧弱だったかも……)食事に気を使い、地味で厳しいトレーニングの継続であの身体を造りあげました。
    誰もが世界一の身体になるとはいえませんが、是非チャレンジして恰好イイ身体を目指しトレーニングを続け、ボディビル選手権大会の舞台に立って下さい。お待ちしています!

    【プロフィール】
    1995年 第9回 東京クラス別ボディビル選手権大会 70kg級 優勝
    公益社団法人 日本ボディビル·フィットネス連盟 競技運営委員長
  • 兵庫県ボディビルフィットネス連盟
    理事長

    木下 喜樹

    未来あるジュニア選手は、トレーニングが楽しくて、身体や使用ウエイトもドンドン伸びると思いますが、そんな時だからこそ、取り返しのつかない大怪我をしないように気をつけて下さい。
    ジュニア選手に可能性は未知数です!

    <2017年注目の選手>
    ・横川尚隆 選手
    世界大会に役員として同行した際は、日本代表のフィジーカーでした。その後、ビルダーに切り替えて未だ進化が止まりません。2017年、世界ジュニア金メダルを是非狙って欲しいです。

    ・森川諒也 選手
    気迫あふれるポーズにバリバリのコンディション。これからの森川選手に大注目です。

    ・江川翔一朗 選手
    2016年、日本高校生選手権大会4位、兵庫県加古川市の田舎にある小さなジムで毎日頑張っている選手です。


    【プロフィール】
    兵庫県加古川市生まれ、加古川市育ち。
    中学・高校時とバスケットボール部でキャプテンを務め、大学・社会人時代に空手やウエイトトレーニングを始める。
    その後、様々なスポーツを経験した後に、ウエイトトレーニングの指導者となる。
    現在は、日本ボディビル・フィットネス連盟の審査委員会委員・日本代表選手の海外遠征コーチを兼任。
    NSCA-PERSONAL TRAINER

    1997年4月、兵庫県加古川市の北部にマックスジムを創立。
    約50坪のジム内には、健康管理から本格的なトレーニングに対応するため、1㎏のダンベルから始まり、ウエイトプレート、トレーニングマシンがぎっしりと備えられている。
    http://maxgym.ftw.jp/
  • 三重県ボディビルフィットネス連盟
    理事長

    宮島 望


    <2017年注目の選手>
    安田旬輝選手(愛知 ゴールドジム金山 三重県出身)
    荒川翔也選手(三重 一志ボディビル同好会)

    <安田選手>
    2016年の東海フィジークで19歳ながら優勝(172cm以下級)を果たし、二戦目となる2017オールジャパンジュニアメンズフィジークではパーフェクト優勝を飾るという戦歴の持ち主ですが、意外にもトレーニング歴は浅く、だからこそ伸びしろが大きく期待できる有望株です。
    持ち前の大きな肩とウェストの細さに磨きをかけて、一般の日本一を目指してほしいと思います。

    <荒川選手>
    180cmの長身でありながらバルクがあり2016年の三重県ボディビル選手権で21歳の若さで一般の部優勝を飾りました。その後の西日本選手権やジュニア日本選手権では結果が得られませんでしたが、1年間バルクアップに専念した2018年度では活躍が期待されます。

    【プロフィール】
    地域:三重県 多気郡在住(愛知県 丹羽郡出身)
    トレーニングジムKENKODO代表(トレーナー&鍼灸師)
    ☆三重県ボディビル・フィットネス連盟理事長 JBBF公認B/F1級審査員、公認1級指導員
    ☆三重県パワーリフティング協会事務局長 2級審判員、公認指導員
  • 日本ボディビルフィットネス連盟
    専務理事

    青田 正順

    入口がフィットネスであれボディビルであれ自分の適性を見ながら進んでください。
    途中での目的変更も大丈夫、目標を決めて行えば到達できた時の喜びはたまりません。

    自分の体を思った通りにデザインする、創造力を高めてより高い次元を目指す、トレーニングをスタートするのは今です!

    【プロフィール】
    関東学生連盟がボディビルのスタートです、パワーリフティングと交互にやっていました。
    パワーは全日本で100Kg級と110Kg級で優勝し、アジア大会でも優勝することができました。ボディビルは神奈川県連盟所属で現在は日本連盟の専務理事をやらせていただいています。

    アンチドーピング委員会の事務局長として検査や講習会に参加させてもらっています。他にはジムを開いている傍ら、地域総合型スポーツクラブの運営にも携わり、神奈川県のクラブネットワークの会長も仰せつかっています。

    地元の寒川町体育協会の副会長と総合スポーツクラブの関係で年に数回近隣地域や各種団体と共同でイベントをいくつか実施しています。

    ボディビル・フィットネス競技を各地域自治体のイベントに入れることが目標ですが、平成29年に湘南オープンという形で実現できそうです。
  • 東京ボディビルフィットネス連盟
    ジュニア助成事業発起人

    野沢 秀雄

    日ごろはJBBFの諸活動にご協力、ご協賛いただき、誠にありがとうございます。お蔭様で当連盟も満他の62年の歴史を数えるまでになりました。この間にはボディビルで成功した方々が多く存在します。ジム経営がうまくいっている人、トレーニング指導者として成功している人、関連する器具や食品などで成功している人、その他の分野でもボディビルで鍛えた肉体と精神で成功している人など数多くおられます。 当連盟ではボディビルのさらなる普及と発展を願い、ジュニア助成公募を始めることになりました。 これからの次世代を担う若い選手の育成をはかることが主目的です。

    ■ボディビルをもっと普及、振興、発展させたい
    「努力すれば誰でも必ず報われる」というのがボディビルの良さです。「努力した結晶を競う」のがボディビル競技の本質です。ボディビルを実行して社会的にも成功された方々が多くおられます。このたびJBBFでは、理事会、総会の決議を経て「ジュニア選手助成公募事業」を今年度からスタートすることになりました。JBBFの理事、正会員、ボディビルのOBの方々、またボディビル関連事業をされている方々に、趣旨をご理解いただき、ぜひとも皆様のご協力をお願いするご案内です。

    ■まずボディビル人口を3倍に増やしたい
     ボディビルの醍醐味を知ったシニア選手が増えているのに、若い年代の選手が少ないことが問題として挙げられます。とくに最近は大学生選手権大会に参加選手が激減しており、大会の開催が危ぶまれるような事態になっています。助成事業の第1回目として主に5大会の出場選手を対象として報奨金を授与することが決定されています。

    次年度からは対象となる大会や対象となるJBBF登録選手、加盟クラブ、団体などを増やす検討をする予定です。 なお、将来はプロ選手養成や支援なども考慮中です。

    ■クラウドファンディングにより一般ファンから投票で募金します
     ネット社会が普及した現在、クラウドファンディングという手法で自分が応援したい選手に寄付金を与えるシステムが人気を得ています。われわれも候補になったとなった選手にカード決済で寄付金を集める方式を採用します。現在、10月の完成を目指して「ボディビル応援プロジェクト」の公式サイトを作成中です。寄付した人は全額が確定申告で所得から控除されることが大きなメリットです。

    また、個々の選手ごとにメッセージのやり取りをできるよう準備中です。さらに選手たちを囲んだ交流会(親睦会)なども企画しています。本格スタートしたらぜひ寄付金をお寄せくださるようお願いします。
      
    ■これに先だって今回皆さまにお願いしたいこと
     10月からの正式スタートにあたり、今回のプロジェクトを支援する基金を皆様にお願いしたく、ご案内を差し上げています。ボディビルが盛んになれば業界全体が潤います。基金にご協力いただいた方のお名前を本サイトに明示するほか、特典をご用意したいと考えております。本事業への寄付金は公益社団法人なので税法上の特典(所得控除)があります。確定申告時に節税対策として、また贈与対策としてどうぞご活用ください。

    この事業が5年先、10年先とずっと継続できますように皆様のご協賛、ご協力をお願いいたします。

    野沢 秀雄
  • 日本ボディビルフィットネス連盟
    名誉会長

    玉利 齊

     ボディビルは長い歴史のなかで、多くの方が切磋琢磨し、磨きあってきたことで、ここまで成長してきました。ホディビル・フィットネス競技にとって大事なことは若いうちからの強化です。若いうちから合理的な、運動・休養・食事のバランスの取れたトレーニングの積み重ねが必要です。
    この企画は、これからの若手選手を対象に強化をしていこうという事業で、私も大賛成です。

    ボデイビルも競技である以上、やはり1回でも多く勝ち抜いていくことが、世界で日本のボディビル評価を高めることにつながります。これからボディビル・フィットネス競技を担う若者たちには、このジュニア助成公募事業を活用し、世界に通用する選手に育って欲しいと思っています。

     最後に、スポーツは人々を感動させるものです。ボディビルに必要なものは「力強さ」、「品位」、「感動」です。

    この3つが不可欠で、ただ大きくなればいいというわけではありません。
    このバランスをとり、ボディビルという競技を通じて人としても成長してもらえることを願っています。 玉利 齊
  • 日本ボディビルフィットネス連盟
    会長

    藤原 達也

    今年もJOCジュニアオリンピックカップ第29回日本ジュニアボディビル選手権大会、第12回全国高校生ボディビル選手権大会が開催されます。

    日本ジュニアとマスターズボディビル選手権は長い間東京で同時開催され、マスターズの選手が100名を超えジュニア参加選手が反対に減少傾向にあり東京・大阪開催の日本ボディビル選手権当日午前中開催に切り替え現在に至っております。

    高校生大会とジュニアを組み合わせ低迷する参加選手の確保に努力した結果これが功を奏して高校生~ジュニア~一般選手権のコースが出来上がり、超高校生ビルダー・超ジュニア選手が誕生、ついに昨年は横川選手がジュニアボディビル世界選手権2位に輝きました。

    2020年東京オリンピックを前にあらゆるスポーツでジュニア層が世界のトップで大活躍!!我がボディビル・フィットネス競技も世界のトップグループに名を連ねる大活躍、長い歴史とトレーニング技術の深化に伴いボディビル・フィットネス界は基よりあらゆるスポーツの成績向上に貢献献していると自負しています。

    今後フィットネス系競技の選手が増加し、選手登録制度も多様化し全国的に選手層も変化して来ます、JBBFの競技ルールを遵守しスポーツ競技として誰もが認める競技にする必要が有ります。
    そこで本年は技術力向上と次世代の選手発掘を目的として、「JBBFジュニア選手助成公募事業」のプロジェクトチームを立ち上げました。

    本事業を開始するにあたり、事業発起人である野沢正会員はじめ、ご協力いただきました多くの方々に心より御礼申し上げるとともに、本事業がボディビル・フィットネス競技の強化・普及発展につながりますことをこころよりお祈り申し上げます。

    【プロフィール】
    1943年:生まれ、宮城県仙台出身。
    1962年:仙台商業高等学校卒業
    1962年:東北特殊鋼入社
    1966年:兄藤原勤也に勧められ始めたボディビルで第1回・第2回宮城県にボディビル選手権優勝。その後会社勤務の傍らボディビルを継続、有限会社ボディビル[藤原ジム]を運営ボディビル普及に努める。
    1986年:仙台駅北側の旅館より火災発生、隣接のジム全焼により[藤原ジム]閉鎖したが引き続き県連盟の運営には係わる。
    1991年:宮城県ボディビル連盟理事長就任
    2003年:社団法人 日本ボディビル連盟理事就任
    2005年:社団法人 日本ボディビル連盟副会長就任
    2013年:公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟となる。
    2017年:公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟会長・代表理事就任
  • 日本ボディビルフィットネス連盟
    副会長

    石井 直方

    このジュニア選手助成公募事業を通して、ボディビル・フィットネス競技の国際競争力が向上し、若い世代により普及して選手数が増加していくことを期待しています。


    【プロフィール】
    公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟 副会長
    東京大学スポーツ先端科学研究拠点 拠点長
    東京大学総合文化研究科副研究科長
    全日本学生ボディビル選手権大会優勝(1976年、1977年)
    日本ボディビル選手権大会優勝(1981年、1983年)
    アジアボディビル選手権大会ライトヘビー級優勝(1982年)
    世界ボディビル選手権大会ライトヘビー級7位(1986年)


    東京都出身。暁星中学校・高等学校を経て、東京大学に進学。理学部生物学科に進み、筋肉の研究に従事。理学博士。日本における筋肉研究の権威として知られ、著書も多数ある。
    また、一方で日本を代表するボディビル選手・パワーリフティング選手としても知られる。東大入学後に東京大学運動会ボディビル&ウェイトリフティング部(B&W部、通称:ビーダブ)に入部し、瞬く間にトップ選手に成長。
    1975年から関東学生パワーリフティング選手権で6連覇、1976年から全日本学生パワーリフティング選手権で2連覇、1977年には全日本学生ボディビル選手権優勝など数々のタイトルを獲得する。

    大学院進学後の1978年に東京ボディビル選手権大会(ミスター東京)で4位入賞。
    翌1979年に日本ボディビル選手権大会(ミスター日本)で5位入賞。
    1980年に日本実業団ボディビル選手権大会で優勝し、その翌年1981年にミスター日本のタイトルを獲得する。

    その後は1982年にIFBBアジアボディビル選手権大会90kg以下級(ミスターアジア)で優勝し、1983年には再度ミスター日本のタイトルを獲得した。
    数年大会から遠ざかった後、東京大学理学部生物学科に助手として勤務していた1986年にIFBB世界ボディビル選手権大会(ミスターユニバース)で7位を獲得している。
    同時代に表彰台を争った日本国内のボディビルダーには宮畑豊、小山裕史、朝生照雄などがいる。
    特に宮畑豊(トレーニングセンターサンプレイ会長)とは日本選手権や世界選手権などに向けてトレーニングパートナーも組んでいた関係で、石井直方のボディビルにおける師匠的な存在でもある。

    その後は国費留学生として英国のオックスフォード大学に1年半滞在。この時代に研究者としても大きなステップアップを果たしており、留学時代の研究成果を基にした論文が科学雑誌『サイエンス』誌に掲載されている。

    この頃からヨーロピアンマッスルクラブという筋肉関係の基礎研究を行う研究者グループとの交流も始まっている。
    帰国後は東京大学理学部生物学科の助手を経て、同大学総合文化研究科の助教授に就任し、同研究科の教授として現在に至る。現在は総合文化研究科に加えて、東京大学新領域創成科学研究科の教授職も兼担している。

    1982年 東京大学 理学博士。論文の題は「軟体動物平滑筋から単離した単一筋細胞の力学的性質とその構造的基礎」。 【著書】 『スロトレ』(高橋書店)、『5つのコツでカラダが変わる! 筋力トレーニング・メソッド』、 『体脂肪が落ちるトレーニング―1日10分〈クイック→スロー〉で自在に肉体改造』 他、多数

  • 三重県ボディビルフィットネス連盟

    栗岡 洋一

    現在注目の選手は横川尚孝選手です。
    近年稀にみる逸材だと思います!現時点で鈴木雅選手を超えられるのは
    横川選手しかいないと思います。
    世界に羽ばたいて欲しいと思います。頑張ってください!


    <プロフィール>
    栗岡 洋一
    ㈱クリオカ 代表取締役 トレーニングジム極 代表
    三重県ボディビルフィットネス連盟 理事

    【主な成績】
    第47回男子東海ボディビル選手権大会 75kg以下級 第5位

    ボディビル・メンズフィジークに現役選手として挑戦中。
    技術指導と食事指導の両面からお客様をサポートいたします。
    私と一緒にトレ-ニングを極めましょう。


    【GYM情報】
    名称 トレーニングジム極(きわみ)
    設立 2016年12月
    運営会社 株式会社クリオカ
    住所 〒510-0826 四日市市赤堀2丁目14番6号
    電話番号 059-357-5488
    FAX番号 059-353-3202
    営業時間:月~金 10時~22時/土曜日 10時~17時(日祝日休み)
    事業内容 gaikanトレーニングジム
    ・筋トレ
    ・ダイエット
    ・パーソナル指導(個別指導・食事指導)
    ・タンニング
    http://training-gym-kiwami.com/
  • 東京都ボディビルフィットネス連盟
    常任理事

    田中 好光

    一日一生という言葉があります。
    青春時代にはなかなか、この一日の重みの実感がなく、何となく昨日から今日へ、今日から明日へと平凡に時間が流れて行ってしまいがちですが、今日という日はまさに、今日一日しかない事を思い起こして下さい。

    今日やるべき事を今日やり切る、そうすればほんの少しだけ進歩します。
    また明日も、そしてまた次の日もがんばる。

    ボディビルの世界でも、今日の進歩はほんとに少しだけなのですが、この平凡の繰り返しがやがて、大きな肉体を作ってくれることを信じて、理想の体の完成を目指して、正々堂々の練習をしていってほしいものです。
    <さらば青春>と言えるには、トレーニングに熱中するだけの長い期間が必要ですが、

    されど青春、この時間を持たなければ大成しないのです。
    日本のサムライ精神をどうか発揮して下さい。


    【プロフィール】
    東京ボディビル・フィットネス連盟
    常任理事:田中 好光

    【GYM情報】
    HAPPY GYM
    三鷹ハッピージム 日曜日も営業 加圧トレーニング会員募集中
    年中無休です。(年末・年始のみ休み有り)
    月曜~土曜  午後1:00~10:30分まで
    日曜日   午前11:00~夕方6:00まで
    見学自由です。上記時間内にお越しください。
    〒181-0013 三鷹市下連雀5-9-2 境交通ビル2F
    代表:田 中まで。(TEL 0422-47-6841)
    http://happygym.tokyo/
  • 東京都ボディビルフィットネス連盟
    常務理事

    辻本 俊子

    若い力は素晴らしい進化をします。
    一気に詰め込むと長続きしません。故障や燃え尽き症候群になって結果を出す前に大会に出ることをあきらめてしまう選手もいます。
    決して焦らず、大きな夢を持って一歩ずつ進みましょう。
    その先に、素晴らしい結果が着いてきます。
    沢山の先輩選手が応援しています。

    【プロフィール】
    辻本 俊子
    公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟 常務理事・女子委員会委員長
    東京ボディビル・フィットネス連盟副理事長
    出身地:石川県能登半島
    家族:夫・柴犬(リキ)・ポメラニアン(ロッシ)
    学歴:日本体育大学女子短期大学(トランポリン競技部)
    職業:都内フィットネスクラブ勤務退職後、フリーインストラクターとして活動(公共施設スタジオプログラム指導・企業フィットネス指導・区民向け健康講座講師)


    パーソナルトレーナー
    資格:保健体育教員免許・THP指導員(企業向け)・NESTAシニアフィットネストレーナー・NSPA公認パーソナルトレーナー・国際ボディビル・フィットネス連盟国際審判員
    ボディビル戦歴
    1987年第1回東京クラス別ボディビル選手権46kg級優勝
    1987年第5回東京ボディビル選手権大会ミスの部優勝
    1991年社会人ボディビル選手権大会マッスルの部優勝
    1992年日本クラス別ボディビル選手権大会52kg級優勝
    1992年日本ボディビル選手権大会第10回女子の部優勝
    1993年ワールドゲームス(オランダハーグ)52kg級7位

    大会出場のきっかけ
    フィットネスクラブ入社後、ウエイトトレーニングの研修を受け、パワ-リフティングに興味を持ち、全日本実業団大会に出場し、初出場ながら優勝してしまい(当初は女子の出場者が少なかった)

    さらに、ボディビル大会を先輩と見に行ったときの優勝者がカッコよくてボディビルジムに入会。
    そのときの会長に勧められ、初出場がハワイインターナショナル大会でした。

J U N I O R

ジュニア選手一覧

注目ジュニア選手
新着のジュニア選手

S U P P O R T

ジュニア選手&応援登録

ジュニア選手として登録したい方
応援したい、詳細が見たいと言う方は
こちらでご案内しています。

   

ジュニア選手&応援登録についてのお問い合わせ

 

I N T E R V I E W

DJコマツの電撃インタビュー

関係者の皆さま
この度、ジュニア選手の育成を寄り盛上げるために、
私、DJコマツが皆さまの応援メッセージを頂きに
突撃インタビューに伺います。
当然のお願いにまりますのでご協力のほどよろしく
お願い申し上げます。
※実際には事前にご連絡致します。

電撃インタビューへのご要望

 

L I S T  O F  A R T I C L

DJコマツの活動報告

  •  2017/9/11

    マスターズ選手権ライブ配信


    9月10日(日)は、日本マスターズ選手権大会(三重)のライブ配信でした!

    今回は広報員としては参加できず、ライブ配信のカメラ設定は現地の方にお願いしておりましたが、無事配信できてよかったです!ご協力いただきました大阪連盟の皆様、審査員、集計員の皆様どうもありがとうございました。

    masters2 masters4

    また、途中で、カメラ位置を変更しておりましたが、観てる方はとてもよい角度であったのですが、あとで現地の場所を観ましたらちょっとカメラ位置が高く、ご来場の皆様には邪魔になってしまっていたかと思います。当日足を運ばれておりカメラの後ろ側におられました皆様には観ずらかったかもしれません。

    次回はもう少し位置も考えて配信をしたいと思いますので、引き続きボディビルをよろしくおねがいいたします。
    2017年配信予定のスケジュール
    ● 7月27日(木)スポルテックカップ(東京)(済)
    ● 8月9日(日)日本クラス別選手権(宮城)(済)
    ● 8月26日(土) 神奈川県大会(神奈川) (済)
    ● 8月27日(日) ジャパンオープン・日本クラシックボディビル(神奈川)(済)
    ● 9月3日(日) オールジャパン(大阪)(済)
    ● 9月10日(日) 日本マスターズ選手権大会(三重)(済)
    ● 9月17日(日) 東日本選手権大会(ボディビル・フィジーク・女子ボデイフィットネス)
    ● 10月7日(土) 2017湘南オープンボディビル・フィットネス大会
    ● 10月09日(月) 日本選手権(東京)
    ● 11月05日(日) 北区ボディビル&ニューマッスルアスロン選手権(東京赤羽)

     

    -JBBF広報メディア-
    JBBFトレーニングコミュニティ(Facebookページ)https://www.facebook.com/JBBF.TrainingCommunity/

    JBBF広報配信(Facebookグループ)https://www.facebook.com/groups/438030403067107/?ref=bookmarks

    ユーチューブチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCV6r1rYtgTYWu2LlI_IFr8Q

    ツイッター
    https://twitter.com/jtc_tw

    インスタグラム
    https://www.instagram.com/?hl=ja

  •  2017/9/8

    ニューマシン投入!

    本日はボディビルのYouTubeの配信に力を入れるべく、いくつかの機材を追加しました!
    なんとライブ配信でもワイプが出せる優れものです!

    しかし、最初の設定に以外とつまずいてしまい、かなり悪戦苦闘しています。

    newmachine

    でも近いうちに2画面、3画面、そして最大4画面配信が可能に!
    今はそんな使いこなせる自身はありませんが、ボディビル・フィットネスを広めるべく腕を磨いていきたいと思います!
    どうぞお楽しみに!

    -JBBF広報 DLコマツ-
    JBBFトレーニングコミュニティ(Facebookページ)
    https://www.facebook.com/JBBF.TrainingCommunity/

    JBBF広報配信(Facebookグループ)
    https://www.facebook.com/groups/438030403067107/?ref=bookmarks

    ユーチューブチャンネル
    https://www.youtube.com/channel/UCV6r1rYtgTYWu2LlI_IFr8Q

    ツイッター
    https://twitter.com/jtc_tw

    インスタグラム
    https://www.instagram.com/?hl=ja

  •  2017/9/7

    ライブ配信したい人手をあげて!

    9月10日(日)は三重県伊勢市で「日本マスターズ選手権(第29回)大会」が開催されます!

    今回は仕事でLive配信会場にはいけなかたのですが、オールジャパンで三重県連盟宮島理事長に相談したら、現地でやっていただけるとのこと。
    ありがたいです!

    しかし、これまで自分で試行錯誤しながらしていたので、急遽マニュアル的なものを作成しました!
    配線に番号を振り、設置イメージ写真をとり、なかなか大変でしたが、これで色々なところでもちょっと詳しい方がいればLive配信ができるようになりました。
    こんな感じでなるべく写真をたくさんつかってみました!

    YouTubeLive4 YouTubeLive3

    YouTubeLive2 YouTubeLive1

    「うちの大会をLive配信してみたい!」という方がおりましたらまずはご相談ください。
    ビデオカメラがあれば配信可能です!色々お教えできることもありますので、どんどん配信してみましょう!
    ご相談お待ちしておリます!!

    -JBBF広報 DJコマツ-
    JBBFトレーニングコミュニティ(Facebookページ)
    https://www.facebook.com/JBBF.TrainingCommunity/

    JBBF広報配信(Facebookグループ)
    https://www.facebook.com/groups/438030403067107/?ref=bookmarks

    ユーチューブチャンネル
    https://www.youtube.com/channel/UCV6r1rYtgTYWu2LlI_IFr8Q

    ツイッター
    https://twitter.com/jtc_tw

    インスタグラム
    https://www.instagram.com/?hl=ja

  •  2017/9/4

    大阪夏の陣!みんな待ってたオールジャパン!!

    本日は大阪オールジャパン!
    (オールジャパンミスフィットネス選手権(第22回)/オールジャパンミスボディフィットネス選手権(第11回)/オールジャパンフィットネスビキニ選手権(第4回)※会場:エルおおさか(大阪府立労働センター)

    前日入りしても準備ができないのが残念ですが、ライブ配信のためにやはり気になるのはWi-Fiのチェック。
    そのためお願いをして前日に大阪についてすぐに会場入り。ホールは意外とインターネット環境がないところが多く、ここもそうでした。

    しかし、現地の舞台スタッフが皆さんでWi-Fiの一番いいところを探していただき、色々試した結果会舞台裏の近くのすみっこに1箇所
    電波が一番いい場所を発見!配信も無事できました。ありがとうございます!
    (無線Wi-Fiを持ちこみ、なるべくお金をかけずに意外に地味な努力をしております!)

    alljapan3

    また、この日は一人でしたので、審査員の中央にカメラを配置させていただきました。
    審査員のみなさま邪魔だったと思いますが、ファンのみなさまのためにご承諾、ご協力いただき感謝です!

    会場もたくさんの人がみにきており、注目度の高さが目立ちます。
    大会自体は盛り上がりもありつつ、色々トラブルもあり、大変でしたね。
    選手のみなさまもお疲れ様でした!

    alljapan2alljapan1

    次回はマスターズを予定しております!
    みなさまぜひご視聴くださいませ。

    -JBBF広報 DJコマツ-
    JBBFトレーニングコミュニティ(Facebookページ)
    https://www.facebook.com/JBBF.TrainingCommunity/

    JBBF広報配信(Facebookグループ)
    https://www.facebook.com/groups/438030403067107/?ref=bookmarks

    ユーチューブチャンネル
    https://www.youtube.com/channel/UCV6r1rYtgTYWu2LlI_IFr8Q

    ツイッター
    https://twitter.com/jtc_tw

    インスタグラム
    https://www.instagram.com/?hl=ja

  •  2017/9/1

    ジュニア選手への応援メッセージを募集しています!

    JBBFでは秋口より選手の育成・強化事業としてジュニア助成事業を開始する予定です。

    現在はのための準備として、会長をはじめ、皆様から応援メッセージを書いていただいております。
    つきましては、各件連盟・加盟ジムの皆様にもご協力をお願いいたいと思っておりますのでどうかご協力のほど、よろしくお願いいたします。
    ご協力いただけます方は、メッセージ、プロフィールなどをご記入の上、FAXまたはメールにてご返信にご協力をお願いいたします。

    (お願い事項)
    ①藤原会長のメッセージをお読みいただき、ぜひ趣旨にご賛同いただければ幸いです。

    シートはこちらからダウンロードしてください。

    ジュニア選手助成公募事業へのご協力のお願い
    ②応援メッセージを記入して、以下までお送りください。(メールでも結構です)
    ※ジュニアの選手へむけてのメッセージ
    ※気になる選手がいれば、選手に向けても結構です。

    《メッセージ・写真・プロフィールのお送り先》
    郵送先:〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町 2-9-11 東酒類ビル 501

    宛先:JBBF 広報委員 小松宛て

    TEL:0306206-4199

    FAX:03-6206-4198 Mail:info@jbbf.club

    ③写真・プロフィールを一緒にお送りください。
    ※記入者のご紹介をさせていただきます。
    ※GIMなどの紹介文、写真があれば、こちらもご紹介もさせていただきます。

     

    皆様のご協力をお待ちしております!

  •  2017/8/27

    ジャパンオープン&クラシックの2大大会でライブ配信!

    本日は、ジャパンオープン選手権(第28回)と日本クラシックボディビル選手権(第9回)!
    会場はサンピアンかわさき。

    前日の神奈川県ボディビル大会でライブ配信テストしてたら結果的に数十名の視聴者がおりましたので、そのまま最後まで配信していたら結構な時間に。。。

    当日は、お客間もたくさんはいっていただきました!
    今回はダブルエントリーされた方も多い気がしました。しかしインタビューを聞けば忙しくて次はあまりしたくないとのご意見も。。。
    休む暇もないようで、またパンプアップもあまりしなど、1日で2大会でれてお得な感じもしますが、色々課題があるんですね。

    japan_classic2japan_classic1

    インタビューにお答えいただきましたみなさまありがとうございました!

    だいぶライイブ配信にも慣れてきました。今度はもっといい映像をおとどけてできるよう色々工夫して参りたいと思いますので、引き続きよろろしくおねがいいたします!

    -JBBF広報 DJコマツ-
    JBBFトレーニングコミュニティ(Facebookページ)
    https://www.facebook.com/JBBF.TrainingCommunity/

    JBBF広報配信(Facebookグループ)
    https://www.facebook.com/groups/438030403067107/?ref=bookmarks

    ユーチューブチャンネル
    https://www.youtube.com/channel/UCV6r1rYtgTYWu2LlI_IFr8Q

    ツイッター

    https://twitter.com/jtc_tw

    インスタグラム
    https://www.instagram.com/?hl=ja

  •  2017/7/27

    スポルテックカップにてライブ配信!

    本日7月27日(木)は、東京ビッグサイトで第2回のSPORTEC CUP 2017が開催!!
    スポルテックカップの見所は何と言ってもTOPクラスの選び抜かれた選手たちが競い合う大会です!

    会場は満員御礼、直前に行われた「ELEIKO CUP(エレイコカップ)」パラリンピック・パワーリフティング世界最強のリフターラーマン選手も見応えありました!

    sportec2sportec1

    この日はあまり、うまく撮影ができませんでしたが、ご視聴はユーチューブチャンネルでご覧ください。

    スポルテックパワパワーの世界チャンピオンラーマンの映像はこちらから!解説もあってわかりやすい!

    当日は今年初のライブ配信しておりましたが、会場は無線Wi-Fiでの配信でしたのでネットワークが不安定であったり、
    ご視聴いただいておりましたみなさまにはご迷惑をおかけいたしました。。。
    次回以降もライブ配信を続けて参りますのでよろしくお願いいたします!

    JBBF広報  DJコマツ

  •  2017/7/20

    ブログ開始いたします!

    こんにちは。JBBF広報の小松です。

    この度、こちらでブログを書かせていただくことになりました。よろしくおねがいいたします!

    あるご縁からJBBFに関わることとなり、広報員としてボディビルの普及活動をしております。

    私自身はボディビルとのご縁がなかったのですが、今はある程度は競技の面白さ、選手たちの過酷なトレーニングの努力の先にある栄光、ボディビル・フィットネスのこともだいぶわかりようになってきました!

    何と言っても、ボディビルに関わるされているみなさんは、素人の私にも色々教えていただけるので大変助かっております。

    とはいえ、私自身はきゃしゃな体ですのでまだまだではありますが、広報員としてトレーニングが普及され、競技も注目をされていくよう頑張りますので皆様どうぞご支援のほどよろしくおねがいいたします!

    小松

S P O N S O R

スポンサー

スポンサーについてのお問い合わせ

O R G A N I Z E R

主催者情報

公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟

〒111-0053 東京都台東区浅草橋四丁目9番11号 大黒ビル2F
TEL.03-5820-4321 FAX.03-5820-4322
EMAIL: お問い合わせ