Wikis > アンチドーピング

アンチドーピング

一般的には「薬を使って競技力を高めること」が「ドーピング」とされているが、実際には薬以外にも、その他様々なドーピングが行われるケースがある。ドーピングが禁止されてる理由として、本人への健康被害への影響、スポーツとしてアンフェアである、子供などへの社会的影響、スポーツ価値の低下などが挙げられる。

薬以外のドーピングの(例)
・血液ドーピング(自分の血液を冷凍保存しておき、試合の直前に再び体内に入れ、酸素運搬能力を高める)
・ドーピング検査において、他人の尿とすりかえる行為
遺伝子ドーピング(細胞、遺伝子、遺伝因子、あるいは遺伝子表現の調整)
これらの方法当然も禁止されており、ドーピングには「禁止薬物」(正確には薬以外のものも含め「禁止物質」と記される)と「禁止方法」がある。アスリートは、これらの「禁止物質」や「禁止方法」についての知識や注意が必要である。

各ボディビル大会におけるドーピング検査規定(例)

各クラスよりランダムに実施する。大会は、日本ドーピング防止規程に基づくドーピング検査対象大会である。参加者は、エントリーした時点で日本ドーピング防止規程に従い、ドーピング検査を受けることに同意したものとみなす。
 本大会参加者は、競技会におけるドーピング検査を拒否又は回避した場合、検査員の指示に従わない場合、帰路の移動等個人的事情によりドーピング検査手続きを完了することができなかった場合等は、ドーピング防止規則違反となる可能性がある。ドーピング検査の諸規定については(http://www.realchampion.jp/)にて確認すること。

ボディビル競技におけるJBBFのアンチ・ドーピングの功績

 公益社団法人日本ボデビル・フィットネス連盟では、アンチ・ドーピング活動には徹底している。JADA(日本アンチ・ドーピング機構)と連携し、ボディビル選手権大会での検査を実施、出場選手への講習会の義務化など、アンチ・ドーピング活動に徹底されいる。
日本ボディル・フィットネス連盟の玉利会長は、ボディビル競技におけるアンチ・ドーピング活動が認められ、第1回ベン・ウイダー賞受賞を受賞された。

関連URL

JADA(日本アンチ・ドーピング機構)
第1回ベン・ウイダー賞受賞