Wikis > 日本マスターズ選手権大会

日本マスターズ選手権大会

masters_2015

日本マスターズ選手権

男子ボディビル・女子フィジークの年齢別選手権大会

2016開催要項

特別ゲスト:アーノルド・クラシック・アマチュア選手権優勝!鈴木雅選手!
日時:2016年9月18日(日)
プレジャジ  午前11時00分~
ファイナル 午後2時30分~

会場:石川県/金沢市 金沢星稜大学 稲置記念館 稲置講堂
〒920-8620 石川県金沢市御所町丑10番地1
TEL:076-253-3908 FAX:076-253-3993
主催:公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟
実行:日本マスターズ委員会 (この大会はtotoの助成事業です)
実行協力:石川県ボディビル・フィットネス連盟
後援予定 :スポーツ庁 ・金沢市・ 石川県教育委員会・(公財)日本オリンピック委員会 ・ (公財)日本体育協会・日本ワールドゲームズ協会・健康日本21推進全国連絡協議会・㈱北國新聞・㈱テレビ金沢
入場:無料
特別ゲスト:鈴木雅選手

出場資格

出場資格:本年度公認クラブ及び個人登録選手で、日本に継続して在住し日本国籍を有する者で次のいずれかの条件を満たし、本連盟が出場を認めた者。(当日は選手登録書を持参のこと)
(1)今年度を含む過去の日本マスターズ及びブロックマスターズ選手権大会で、6位以内の入賞者。
(2)今年度を含む過去の地方連盟マスターズ選手権大会で3位以内の入賞者。
(3)地方連盟が推薦し本連盟が承認した者。

②カテゴリーは以下の通りとする。
1.男子ボディビル
ⅰ.40歳以上級
大会開催年の12月31日現在、40歳以上49歳以下の者。
ⅱ.50歳以上70kg以下級、50歳以上70kg超級
大会開催年の12月31日現在、50歳以上59歳以下の者。
ⅲ.60歳以上級
大会開催年の12月31日現在、60歳以上64歳以下の者。
ⅳ.65歳以上級
大会開催年の12月31日現在、65歳以上69歳以下の者。
ⅳ.70歳以上級
大会開催年の12月31日現在、70歳以上74歳以下の者。
ⅳ.75歳以上級
大会開催年の12月31日現在、75歳以上の者。

2.女子フィジーク
ⅰ.40歳以上級
大会開催年の12月31日現在、40歳以上49歳以下の者。
ⅱ.50歳以上70kg以下級、50歳以上70kg超級
大会開催年の12月31日現在、50歳以上の者。

2015年優勝者・上位入賞者

男子40才70kg以下級

1位 村松 幸大 埼玉
2位 片岡 敏徳 岡山
3位 川辺 仁 大阪

男子40才70kg超級

1位 河村 秀美 広島
2位 加瀬 幸男 東京
3位 山嵜 成知 東京

男子50才以上級

1位 林 勇宇 東京
2位 国塚 清久 神奈川
3位 片川 淳 山口

男子60才以上級

1位 難波 文義 三重
2位 髙岸 豊治 三重
3位 中島 幸忠 神奈川

男子65才以上級

1位 井原 茂 社会人
2位 蜂須 貢 社会人
3位 中野 博之 大阪

男子70才以上級

1位 杉尾 忠 香川
2位 笠原 孝昭 栃木
3位 安部 保 大分

男子75才以上級

1位 木村 博男 社会人
2位 金澤 利翼 広島
3位 阿野田 英生 三重

女子40才以上級

1位 服部 淳子 三重
2位 橋本 寿美 兵庫

女子50才以上級

1位 清水 恵理子 東京
2位 堀 結華 広島
3位 渡部 みゆき 神奈川

男子40才オーバーオール

1位 村松 幸大 埼玉
2位 河村 秀美 広島