Wikis > フリーポーズ

フリーポーズ

ボディビル競技大会の「フリーポーズ」は、予選を勝ち抜いて決勝に進出した選手を対象に行われます。
フリーポーズは肉体美を表現するボディビル競技において、もっとも芸術性をアピールできる場です。
個々の選手が選曲した曲に合わせて男子60秒以内、女子30秒以内、ミックスドペア90秒以内で、規定ポーズにとらわれず自由な表現ができるのが特徴です。

規定ポーズで比較審査される予選と違い、決勝のフリーポーズは選手の個性や感性が審査されるので、定められた時間内で如何にして個をアピールできるかがポイントとなります。
選曲は自由ですが、競技の品位を落とすような選曲はあってはなりません。
ポージングが曲の流れに合っているかも重要で、単なるBGMにならないように練習を積み重ねる必要があります。

freepose_2※写真 ラウンジピュア(吉田浩貴さま)

フリーポーズは前述のように決勝に進出した選手のみ行うことができるため、予選敗退の選手は残念ながらフリーポーズを行えません。
一人の選手が複数の大会に出場する場合、選曲や内容は同一でも問題はありません。
一日の大会の中でダブルエントリー(一般とマスターズ部門など)にした場合、全く同じフリーポーズを二回行うことも珍しくありません。

カテゴリー: , , ,