Wikis > 日本ボディビル・フィットネス連盟

日本ボディビル・フィットネス連盟


公益社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟 (にほんボディビル・フィットネスれんめい、JBBF、英: Japan Bodybuilding & Fitness Federation[1])は、日本最大のボディビル競技運営組織。元文部科学省所管。現在の会長は玉利齊(たまり ひとし)。日本オリンピック委員会(JOC)加盟団体。

目次

1.歴史
2.加盟クラブ制度
3.ドーピングへの対応
4.日本国内
5.海外
6.主な主催大会
7.外部リンク

歴史

1955年12月9日 – 前身の日本ボディビル協会設立。会長は厚生大臣の川崎秀二。
1956年1月14日 – 初の全国大会「ミスター日本ボディビルコンテスト」開催。
1965年 – 関西を拠点にしていた全日本ボディビル協会と統合し、各都道府県に県協会を設立し全国組織となる。
1982年 – 社団法人日本ボディビル連盟に改称。国際ボデイビル連盟 (IFBB) に正式加盟。
1983年 – 女性の日本大会「ミス日本コンテスト」を初めて開催。
1992年1月7日 – 文部省から社団法人に正式認定。
2013年4月1日 – 公益社団法人に組織を移行し、名称を日本ボディビル・フィットネス連盟へ改称した。

 TOPへ戻る

加盟クラブ制度

JBBFが開催する大会に出場するためには選手登録が必要であり、登録資格としてJBBFに加盟しているクラブ(ジム)に6か月以上所属していることが一つの条件となっている。

 TOPへ戻る

ドーピングへの対応

JBBFはドーピング(禁止薬物使用)について厳格な対応を取っており、大会においてドーピングが認められた選手は、永久追放という厳しい処分を下している。
2015年IFBB世界ボディビル選手権において、JBBF(日本ボディビル・フィットネス連盟)の玉利齊会長が『第1回ベン・ウイダー賞』を受賞した。

 TOPへ戻る

日本国内

JBBFでは、国内の他団体が開催する大会への出場を禁止している。これに違反すると、1回目はその後2年間ないし5年間の出場停止となり、2回目で永久追放となる。ただし、出場停止・永久追放中であっても連盟理事会の承認があれば、処分の軽減や猶予することもある。

 TOPへ戻る

海外

IFBBとの繋がりがある日本唯一の組織で、IFBB世界ボディビル選手権(Mr.ユニバース)にも多数の選手を派遣している実績がある。

 TOPへ戻る

主な主催大会

  • ジャパン・オープン・ボディビル選手権
  • 日本クラス別ボディビル選手権
  • 日本マスターズ・ボディビル選手権
  • 男子日本ボディビル選手権(ミスター日本)
  • 女子日本ボディビル選手権(ミス日本)※大会での賞金などは一切ない。

 TOPへ戻る

外部リンク

公益社団法人 日本ボディビル・フィットネス連盟

 TOPへ戻る